お薬、商品の購入代金はお届け時に現金またはクレジットカード払いとなります。(代引手数料は当院が負担致します)

InformationW CLINIC LIFESTYLE SHOP をご利用のお客様へ

こちらは旧オンラインショップとなります。現在、新オンラインショップでは、TVで紹介されたWオリジナル4商品が【ポイント10倍】キャンペーン中です。他全商品ポイント5倍のキャンペーン中!!
12/31の17時までなのでお早めに・・・

エクエル

エクエル

販売価格 4,000円(税込4,320円)

大豆イソフラボンから生まれた、女性のための基礎サプリメント「エクエル」

女性には本来、健やかさと美しさを保つ力が備わっています。
しかし、女性にとって基礎といえるその力も、40才を過ぎるとゆるやかに低下し始めていくのです。
そこで誰にでも訪れるこの変化を穏やかにし、女性の人生に寄り添い支える基礎サプリメントという考え方。
これからも、あなたがあなたらしく美しく生きていく力を、「エクエル」がサポートします。

大豆イソフラボンから生まれた、女性のための基礎サプリメント「エクエル」
女性のからだに有用と知られている大豆イソフラボン。
実はそのパワーの源は、大豆イソフラボンが腸内細菌で変換されて生まれるエクオールという成分でした。

安全な乳酸菌で発酵させたエクオール
大塚製薬が長年の研究を経て、発見した乳酸球菌「ラクトコッカス20-92」はイタリアのチーズからも発見された安全性の高い乳酸菌の種類。
大塚製薬のエクオールは、この乳酸菌で大豆イソフラボンを発酵させて作り出しています。
安全な乳酸菌で発酵させたエクオール
『エクオールとは』
大豆は、古くから日本人の食生活を支えてきた健康食材のひとつ。
そして、大豆から生み出される成分「エクオール」が、ゆらぎ期を迎えた女性の健康と美容をサポートする成分として、いま注目されています。
大塚製薬のエクエルは、そんな期待の成分エクオールを手軽に摂取できる食品です。
腸内細胞のチカラを借りて生まれるエクオール
大豆に含まれる大豆イソフラボンはゆらぎ世代の女性を支える健康成分としてよく知られています。
ところが、研究が進むにつれて、大豆イソフラボンの恩恵を受けられる人とそうでない人がいることが明らかになってきたのです。
そこで注目を浴びたのが、エクオール。
エクオールとは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌によって代謝されて生み出される成分です。
大豆イソフラボンのままよりも強い働きをすることからエクオールこそが女性を支えるパワーの源であることがわかりました。
腸内細胞のチカラを借りて生まれるエクオール
1日あたりのエクオール摂取量は10mgが目安です。
エクオールを生み出すためには、材料となる大豆イソフラボンの摂取が必要です。
大豆イソフラボンは、大豆のほか、豆腐やおから、油揚げ、納豆、豆乳など、大豆を原料とする食品のほとんどに含まれます。

大塚製薬の研究を通して、エクオールをゆらぎ世代の健康や美容に役立てるには、1日あたり10mgの摂取が目安となることがわかっています。
個人差はありますが、エクオール10mgを体内で産生するためには、大体50mgの大豆イソフラボンが必要になります。
大豆食品から摂取する場合は、豆腐なら2/3丁(200g)、納豆なら1パック(50g)、豆乳ならコップ1杯(200g)が、エクオール10mgを作るのに必要な目安量です。
エクオールをつくれる人とつくれない人がいる
エクオールはすべての人が体内で産生できるわけではありません。エクオールを生み出すには、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が必要不可欠です。

エクオール産生菌を持っていなければ、大豆イソフラボンをいくら摂取してもエクオールは産生されずエクオールのチカラを活かすことはできません。
つまり、大豆イソフラボンの恩恵を受けられる人とそうでない人の違いはエクオールの産生菌を持っているかどうかの違いなのです。

エクオール産生菌を持たない人では、大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに代謝されることなくそのまま体内に吸収されてしまいます。
また、エクオールをつくれる人においても、材料となる大豆食品を摂取しなければ、エクオールをつくることはできません。
エクオールを体内で産生できない場合は、エクエルでエクオールそのものを直接摂取することが可能です。
エクオールをつくれるのは日本人の約2人に1人
エクオールをつくれる人の割合は、日本人の約50%といわれています。
大豆をよく食べる中国や韓国も日本と同じような割合ですがヨーロッパやアメリカになると約30%にとどまります。
エクオールが作れるかどうかはどうすれば分かりますか?
エクオールのもととなる大豆食品は毎日の摂取が基本
エクオールの材料となる大豆イソフラボンは、体内にずっととどまることができません。
個人差はありますが、摂取してから1日でそのほとんどが体外に排出されてしまいます。
「明日から外食続きだし、今日まとめて食べておこう」と大豆食品を一度にたくさん摂取したとしても翌日にはほぼ排出されてしまうため、効果が期待できないのです。
エクオールのチカラを生かすためには、大豆食品を毎日欠かさず摂取することが大切。エクエルで摂取する場合も同様です。

Q&A

女性のゆらぎ期®とは何ですか?
女性特有のカラダとココロに変化を感じやすい時期のことを指します。
「ゆらぎ期®」は大塚製薬が所有している登録商標です。

いつ飲めばいいですか?
食品ですので、お客様のご都合のよいときにお飲みください。
一度に4粒でも、1日の中で2粒ずつ分けてでも構いません。
ちなみに大塚製薬が実施した試験では、朝夕2回に分けて2粒ずつ、計4粒を摂っていただきました。

飲みこめないのですが…
大豆の胚芽を乳酸菌で発酵させて作った粉を、抽出や濃縮などを一切行なわず、そのまま錠剤の形にしているため、現在のサイズとなっています。
粒が大きく飲みこめない場合は奥歯で噛んでお召し上がりください。

なぜ1日10mgなのですか?
様々な研究データに基づき、医師の指導のもとに行った臨床試験の結果から、エクオールの1日の摂取目安量を10mgとしました。

いつまで飲み続けたらいいですか?
「エクエル」は女性がその一生を、美しく健康に生きることをサポートする製品です。
40、50代のゆらぎ世代の方はもちろん、それ以前や以降の世代の方にも、健康と美の基礎づくりとしてお役立ていただけます。

男性が飲んでもいいですか?
性別を問わずお召し上がりいただけます。

他のエクオールや大豆イソフラボン製品(サプリメント)との併用はできますか?
エクオールと大豆イソフラボンを含むサプリメントを併用される場合は、一日あたりの総イソフラボン量として30mgを越えないようにご注意下さい。尚、エクエルの総イソフラボン量は4粒で16.4mgになります。

※内閣府食品安全委員会新開発食品専門調査会が規定しております「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」において、特定保健用食品としての、大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値は30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算)とされております。

大豆食品(納豆・豆乳)を食べた時は減らした方がいいでしょうか?
大塚製薬がオススメしている1日のエクオール目安量10mgは、エクオールを作れる方ですと納豆1パックに相当する量ですので、普段召し上がっている大豆食品にプラスしていただいても問題ございません。

「エクエル」の成分は、大豆胚芽の成分とほぼ同じ。

大豆は「畑の肉」と呼ばれ、栄養素をバランスよく含んだ食材です。
エクエルは、大豆を乳酸菌で発酵させて作った食品ですので、原料の大豆胚芽の成分とエクエルの成分はほぼ同じ。
合成・抽出・濃縮は一切行っていません。

【成分】

大豆胚芽発酵物、オーツ麦ファイバー、寒天、セルロース、HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)、着色料(酸化チタン、カラメル)、酸化ケイ素、タルク
※ 香料、保存料は使用しておりません

【内容量】

1箱 120粒

【お召し上がり方】

1日あたり4粒を目安に水またはぬるま湯などでお召し上がりください。
※体質、体調に合わない場合は、ご使用を中止してください。
※過剰に摂取するのはお控えください。
※妊娠中、授乳中は服用を避けてください。
※乳幼児及び小児は摂取しないでください。

【保存方法】

直射日光、高温多湿を避け、常温にて保存してください。

最近チェックした商品